消費者金融、借入れの審査は難しいのか

キャッシングをするためにはまず最初に申込をする必要があります。では申し込みをするとすぐ借入れができるのでしょうか。残念ながらそうではありません。申込をすると審査があり、それに通った場合のみキャッシングが可能になるのです。でもそんなに心配することはありません。審査のためには普通の給与所得者であれば身分を証明する書類を提出するだけでいいのです。

 

借入れ希望額が50万円以内ならその他に提出するものはありません。【次の点に該当しなければ審査には通る】ただ審査にあたって気をつけたいのは次の点です。<他社からの借入れが年収の3分の1に達していないか>これは貸金業法で「年収の3分の1以上は貸し出しできない」という総量規制という規定があるからです。

 

<利用している金融会社は3社以内か>これは「消費者金融連絡会」が「4件以上借入れ件数がある場合は新たな貸し出しとしない」と決めているからです。

 

<過去に延滞などの事故を起こしていないか>金融会社は融資をする以上確実に返済があることを期待します。したがって過去に延滞事故などがあれば、返済に支障をきたすと判断され、審査には通りません。以上の3点ですが、これらに該当しない場合は審査で落とされることはまずないでしょう。

 

あとは勤務先への在籍確認があり、それがすめば審査は完了です。審査が通ればキャッシングカードが発行されますから、銀行でもコンビにでもATMを使っていつでも簡単に借入れができます。特にコンビにでは365日24時間可能ですから非常に便利です。

借入れに年齢制限はあるのか

年齢制限といっても、それには上と下がありますが、消費者金融での融資対象は下が20歳以上、上が69歳までとなっています。つまり融資対象は20歳〜69歳ということになります。では20歳でも学生の場合はどうなのでしょうか。

 

大学3年生だと20歳になりますが、融資を受けるのは可能なのでしょうか。この場合は誰でもというのではなく、アルバイトなどをしていて一定の収入がある場合だと融資が受けられます。でも金額は多くはなく、たいていは10万円ぐらいまでのようです。

 

【高齢化社会の今では消費者金融の利用も69歳まで可能】さて20歳〜69歳までという消費者金融の年齢条件ですが、下のほうの学生については上で触れましたが、では上限である69歳という年齢の人ですが、こちらの方は誰でも借入れが可能なのでしょうか。

 

これについても誰でもというわけではなく、一定の収入がある方が対象になっています。ただし年金収入は該当しません。対象になるのは働いて収入がある人だけです。高齢化社会の真っ只中にあるわが国では、定年も次第に遅くなっており、今では65歳定年を採用している企業は少なくありません。

 

こうして定年の年齢が上がってくると、高齢者といえども69歳ぐらいまで働いている人も案外いるようです。したがって決まった収入がある人も少なくないのです。そうした社会の変化に合わせて消費者金融も年齢の上限をアップさせているのではないでしょうか。消費者金融に限らず、高齢化社会は世の中のあらゆる基準を変えているのです。